--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.21

tsuglagkhang temple,mcleod ganj(dharamsala),india


ダラムサラに着いたその晩、嘔吐と下痢に苦しめられた。
おそらく夕飯があたったのだろう。
夜中に何度も部屋と外のトイレを往復する。
幸いなことに、翌日からはシャワー・トイレ付きの快適な部屋に移ることができたので
無理はせず、しばらく静養に費やすことにした。

ダラムサラはのんびりとするにはいいところだ。
眺めはいいし、チベタンばかりでいつものしつこい客引きもいない。
ダージリンとも少し似ているが、ダラムサラのほうがややツーリスティックか。
wifiカフェが至るところにあるし、イタリアンレストランなんてのもある。
ヨガや料理教室も充実していて、長期滞在の旅行者が多そうだ。
南インドは、(ビーチを除いて)あれほど旅行者がいなかったのに、
こんなところにみんな集まっていたのか!という感じである。

中国政府に追われたダライ・ラマ14世が1960年に亡命して以来、
ダラムサラはチベット亡命政府として重要な機能を果たしている。
旅行者がダライ・ラマに会うことはなかなか難しいのだけど
彼と同じ空気を吸っている、というだけでもなんだか気分がいい。

体調を崩したからか、それとも旅の終わりが近づいたからか、
あくせく動くのが億劫になってしまった。
写真もろくに撮ってないし、脳みそが空っぽになったみたいにボーっとしている。
夏休みも残すところあと1週間ってとき、こんな感覚だったかも。

Secret

TrackBackURL
→http://ikokuzakki.blog65.fc2.com/tb.php/65-5e948200
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。