FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.07
IMG_8460.jpg
from a rooftop cafe,darjeeling,india


ダージリンの場所は知らなくても、その名を知っている人は多いだろう。
紅茶で有名なあのダージリンだ。

10人の旅行者を無理やり詰め込んだジープで山道を登ること約3時間。
町の中心部に降り立つと暑くない!、というより涼しい、というよりむしろ寒い……。
半袖姿の自分がアホに思えてくる。
それもそのはずダージリンは標高2000m以上、遠くにはヒマラヤの尾根が見渡せる高地なのだ。
(もっともいまは曇りがちでさっぱり見えないが)

この町は明らかに、インドの他の町とは違う雰囲気を持っていた。
それは寒さのせいだけではないことはすぐに分かった。
人が違う。チベットやネパール系の人たちがとても多いのだ。
日本人と顔立ちが似ている彼らを見るだけでもなんだかほっとする。
少々インドバテしていた心と体に、すうっと穏やかな空気が溶け込んでいくようだった。
ここまで旅をしてきてようやく
「インドで好きな町はダージリンです」
と心から言える町に出会えた気がする。

そしてまたこの町は、旅行者にとって、
隣国ネパールへ国境越えするための起点となる町でもある。
僕らも当初予定していたルートでは、ここダージリンからネパールへ入国するはずだった。
「だった」と言わざるを得ないのは、まずインドビザの再入国問題と
(今年から、インド出国後2カ月空けないとインドへ再入国できないというルールができた)
もうひとつ、ネパールの治安情勢が影響している。
現在、マオイストの活動によりネパール国内の交通機関がストップしているというのだ。
その影響でそもそも国境が開いていない状態なのだという。
宿の人の話によると、もう何人もの旅行者がネパール行きを諦めたらしい。
(ちなみに僕らが泊まっているHotel Prestigeは日本人の奥さんが経営している)

明日にはさっそくデリー行きの列車のチケットを確保せねば。
でもその前に、ダージリンティーを飲むのだ。

Secret

TrackBackURL
→http://ikokuzakki.blog65.fc2.com/tb.php/57-9868bf31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。