FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.16

a sand dune,near jaisarmer,india


キャメルサファリは申し込む旅行会社や行程により料金が異なる。
僕らは宿泊しているレヌカゲストハウスで申し込むことにした。
(この宿で申し込むことを前提として宿泊料をまけてもらっているのだ)

コースは3種類。
1.午前出発で翌日夕方戻りで1300ルピー。
2.午前出発で翌日午前戻りで1200ルピー。
3.午後出発で翌日午前戻りで1000ルピー。

1.がお得かも知れないが、
聞くところによると、ラクダに乗ると股関節がずいぶん痛むらしい。
しかも昼間は死ぬほど暑い。
結局、即決で3.にした。
この旅においては1000ルピーは結構な出費だけど
日本円で考えれば2000円。
この料金でラクダに乗って砂漠のど真ん中で寝られるのならば
かなりお得じゃないか、と考えることにする。


それで、やってきました。砂漠へ。
ジープとラクダに揺られること4時間。
もう日が沈もうとしている時間に野営地に到着した。
砂漠の多くは低木がまばらに生えているような感じで、見渡す限り砂だらけというわけじゃないが
それでもところどころ砂丘が見られる。
以前、会社の先輩に連れて行ってもらった静岡の砂丘よりはよっぽど砂漠だ。

今夜はここで飯を食って、布団を敷いて寝るのだ。
テントはなし。
新月の満点の星空を眺めながら眠りにつくというわけだ。
なかなか粋じゃないか。

夜。
耳を澄ませば
遠くからときおり休憩中のラクダの鈴の音が聞こえる。

一緒にやってきた中国人のおしゃべりも聞こえるけど。
どこからか現れた野良犬が僕の布団に入ってくるけど。
それでも、最高だ。

Secret

TrackBackURL
→http://ikokuzakki.blog65.fc2.com/tb.php/25-2cbc4494
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。