FC2ブログ
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.05

the back of taj mahal,agra,india


アーグラーに到着してからしばらくまるで動いていない。
体調の戻りが遅いせいだ。
ここで無理をしても仕方ないと、アーグラーは休養に充てることにしていた。
幸いアーグラーは観光客が多いこともあって
「日本食」を出すレストランもあり(多分にインド人的解釈が含まれているが)、
味はともかく、マトゥラーでは絶食状態だった腹も
徐々に食べ物を受け付けてくれている。

今日は体調がよく、少し観光する元気も出てきた。
とはいってもアーグラー観光の目玉、タージマハルは入れない。
金曜日はムスリムのみ入場が許されているのだ。

ならばと、タージの裏手に行ってみることにした。
さっき商店のオッチャンが、裏を流れる川の対岸から見るタージがきれいだ、
といったようなことを話していたからだ。
とは言ったものの地図を見てもタージの裏に回る道は書いていない。
でもまあ、大きな川だからすぐに分かるだろうと歩き出す。

くねくねとそれらしい方向へ向かって歩き、
ちょっと不安になりかけたところでようやく川に出た。
が、どうも様子がおかしい。やけに人が多い。
集会場にでも出てきてしまったかと辺りをよく見渡すと、そうではなかった。
火葬場だ。
いままさに死体を燃やそうとしているところだ。

特に注意される様子もなかったので、そのまま河原まで下りてみる。
地面にはところどころ骨が落ちている。
遠くには犬の死骸だろうか、小さく抱えたものを埋葬しようとしている2人の男。
どうやらいま立っているところはペットの墓場らしい。

一瞬、世界的な観光名所のすぐ脇に広がる現実に違和感を覚える。
そしてその思いに被さるようにふと、タージマハルも巨大な墓であることを思い出した。

Secret

TrackBackURL
→http://ikokuzakki.blog65.fc2.com/tb.php/16-24240668
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。